京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

用語集

早産(そうざん)、切迫早産(せっぱくそうざん)

『早産(そうざん)』とは、妊娠22週以降37週未満での出生をいいます。通常の出産は妊娠37週以降42週未満の出産となりますが、通常よりも早く生まれる出生となります。

 『切迫早産(せっぱくそうざん)』とは、妊娠22週以降37週未満でお腹の張り、出血、破水など出産の兆しが見られる状態、つまり早産になりつつある状態のことをいいます。内診では、子宮口開大や頚管長短縮が認められますが、必ずしも早産になるとは限りません。

 赤ちゃんの体は、ママのお腹の中に40週前後いることで外の世界に出てくる準備が整うため、妊娠37週未満で産まれてきた赤ちゃんは、体の機能が成熟していない場合があります。そのため、切迫早産の兆候がみられたら、赤ちゃんが1日でも長くお腹のなかにいられるよう安静にし、必要に応じて治療を行います。