京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

用語集

カンジダ膣炎(かんじだちつえん)

カンジダ膣炎は、日常頻繁にみられる主要な疾患で、75%の女性が少なくとも1回は罹患するといわれています。カンジダといわれる人間がもともと持つ常在菌が増殖することで起こります。性感染症とは異なり、性行為を行わなくても発症し、成人女性に発症することが殆どです。

 主な症状としては膣、外陰部のかゆみ、酒粕様のおりものなどがあります。主な原因としては風邪、疲労、ストレスなどによる免疫力の低下、妊娠によるホルモン環境の変化、抗生物質の服用などが挙げられます。治療は、膣洗浄と膣錠の投与、外陰部には抗真菌剤のクリームまたは軟膏の塗布によってほとんど治癒しますが、再発することも度々あります。

 詳細についてはカンジダ膣炎を参照してください。