京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

用語集

過強陣痛(かきょうじんつう)

子宮の収縮が規則的に起きる事を陣痛といいます。子宮口が十分に開いていないのに分娩直前の陣痛が過剰に強く起きる事を過強陣痛といい、子宮の収縮が非常に強く長く続きます。過強陣痛は、自然に起きることはまれで、児頭骨盤不均衡、巨大児などの回旋異常が起きて胎児がなかなか骨盤におりてこれない場合、陣痛促進剤の過剰投与でききすぎてしまった場合、分娩に対する恐怖感からの場合等に起きる可能性があります。

 陣痛促進剤の過剰投与の使用で起きた場合は、投与の量を減らすか中止、必要に応じて麻酔薬や子宮収縮抑制剤(子宮の収縮を抑える薬)の投与を行うこともあります。原因が取り除けない時は帝王切開での分娩となります。過強陣痛は、弛緩出血、会陰裂傷、頸管裂傷、子宮破裂(分娩時に、子宮壁が裂けてしまう)など母体損傷となり、胎児が仮死状態となる危険性があります。陣痛の周期が短く、常に子宮の収縮を感じ痛みが強い場合は、産婦人科医師や助産師さんに症状を伝えてください。