京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

用語集

陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)・陣痛誘発剤(じんつうゆうはつざい)

陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)とか陣痛誘発剤(じんつうゆうはつざい)とは、人工的に子宮の収縮を促して陣痛を起す薬剤で子宮収縮剤とも言われています。胎盤機能が低下している場合や、胎児の心拍に異常が見られる状態になったときなどに必要に応じて陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)が使用される場合があります。

 微弱陣痛で分娩が長時間に及ぶ時に陣痛を強くするのに使用する「陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)」、過期妊娠、計画分娩などで陣痛がないところから起こす場合「陣痛誘発剤(じんつうゆうはつざい」と呼ぶことが多いです。また同じ薬でも「子宮収縮剤」「陣痛促進剤」「陣痛誘発剤」などの呼び方があります。

 陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)には2種類あります。プロスタグランジン系は経口薬と点滴薬があり、オキシトシン系は点滴薬のみです。プロスタグランジンは、子宮頸管を熟化させる作用がありますが、喘息や緑内障などの持病がある妊婦さんの場合は、プロスタグランジンは使えませんのでオキシトシンを使用します。薬の反応には個人差があり、不適切な使い方で子宮破裂などの合併症もまれですが報告されています。そのために、陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)を点滴する場合は分娩監視装置で胎児の心拍をチェックするなど十分な監視もとで投与量に細心の注意をはらいながら慎重に行なわれます。

 正しい取扱いをすれば陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)を使用することで陣痛をコントロールして母子をより安全に分娩へと導くことも可能です。陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)の投与する際には妊婦さん本人の同意が必要条件となります。何故薬が必要か、また使用しなかった場合の状態など不安や心配な事は、産婦人科医師から説明を受けてください。