京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

用語集

体外受精【IVF】(たいがいじゅせい)

『体外受精【IVF】(たいがいじゅせい)』とは、排卵直前の成熟した卵子を採取し、体外で精子と受精させ、得られた受精卵(胚)を数日培養して子宮内へ戻す治療方法です。受精が正常に起こり細胞分裂を順調に繰り返して発育した良好胚を体内に移植すると妊娠率がより高くなることから、体外培養後に可能な限り良好な胚を選んで腟の方から子宮内に移植します。

 体外受精の大きな特徴としては、精子と卵子が確実に出会えることになります。その後に受精が起こり、受精卵が正常に発育して着床すれば、妊娠が成立します。