京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

身原病院

用語集

アクティブバース(あくてぃぶばーす)

妊婦さんがどんな場所で、どんなお産をしたいか自主的に出産方法を選ぶ自由分娩をアクティブバースといいます。

分娩台が出産する場所として限定しないで、自由に希望する姿勢で分娩する方法です。例えば、水中出産、また体位も自由で、座って、横向きで、しゃがむ、両膝をつく、立ったままなど妊婦さんにとって楽でリラックスでき、少しでも痛みが和らぐ体位を選ぶことによって無理のないいきみで自然の力で出産することになります。しかし、体位によっては胎児の管理が難しくなりますので注意が必要です。産婦人科病院だけでなく助産院や自宅での出産場所があります。

アクティブバースでの出産は、妊娠中から産婦人科医師任せではなく体重管理をはじめ自己管理能力が必要です。

この記事を監修した人
身原正哉(MASAYA MIHARA)

産婦人科専門医で医療法人倖生会身原病院 院長。
専門医:公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医、日本抗加齢医学会 日本抗加齢医学会専門医、母体保護法指定医師、日本産婦人科医会「硬膜外麻酔下での分娩を安全に行うために」講習会修了、麻薬管理者、麻薬施用者、京都市立病院登録医