京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

用語集

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

『子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)』とは、比較的頻度の高い良性腫瘍です。小さなものも含めると30歳以上の女性の20~30%にみられ、がん(悪性の腫瘍)ではありませんが貧血や痛みなど様々な症状の原因となります。

 筋腫は卵巣から分泌される女性ホルモンによって大きくなり、閉経すると逆に小さくなります。複数個できることが多く、数や大きさは人によって様々ですが、大きさやできる場所によって症状が異なってきます。

 子宮の内側にできるものは「粘膜下筋腫(めんまくかきんしゅ)」、子宮の筋肉の中にできるものは「筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)」、子宮の外側にできるものは「漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)」と言います。

 子宮筋腫の主な症状は、月経量が多くなることと月経痛です。その他に月経以外の出血、腰痛、頻尿(トイレが近い)などがあります。症状はできる場所と関係があり、子宮の内側にできた筋腫は小さくても症状が強くて月経量が多くなります。逆に子宮の外側にできた筋腫は、大きくなっても症状が出ない傾向があります。そのため治療が必要かどうかも、できた場所や症状によって異なってきます。妊娠しにくい(不妊)、流産しやすい(習慣流産)などの症状もみられることがありますので、是非産婦人科専門医にご相談下さい。