京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

用語集

子宮内反症(しきゅうないはんしょう)

『子宮内反症(しきゅうないはんしょう)』とは、子宮が内膜面を外方に反転した状態を言います。子宮が裏返しになってしまい、子宮内膜が腟内または腟外に露出して、胎盤剝離面から出血が続く状態です。

 病気の原因としては、外因性と内因性があり、ほとんどが外因性です。外因性では、胎盤剥離前の臍帯牽引(さいたいけんいん)によることが最も多く、他のリスク因子として癒着胎盤や過短臍帯があります。

 内因性では、子宮奇形に伴う子宮筋の弛緩(しかん)、多胎妊娠、巨大児、羊水過多などの子宮筋が弛緩した状態に起こりやすくなります。症状としては、突然に発症する下腹部激痛と、胎盤剥離面からの大量出血があります。治療方法は、多くの場合が麻酔下で用手的に整復可能ですが、不可能な場合は開腹手術が必要になることもあります。