1.  > 
  2. 用語集  / 
  3. 痒み・妊娠性掻痒(そうよう)

用語集

痒み・妊娠性掻痒(そうよう)

妊娠による影響で体質が変化し肌にトラブルがおきやすくなります。
妊娠中期~後期に、身体全体にかゆくなるタイプの「妊娠性掻痒(そうよう)」、お腹まわりや胸、腕や足などに赤い湿疹のようなものが出で、強いかゆみをともなうタイプを「妊娠性痒疹(ようしん)」といいます。妊婦さんの2~3%にこうした症状が見られます。
原因としては、妊娠によって胆汁の流れが悪くなるくなり肝臓機能の低下、ビタミンBの不足、ホルモンのバランスの変化などが指摘されています。
 
痒みがひどく夜も眠れなくなったりする方もいますが、かきむしると悪化しますので、濡れタオルで冷やしたり、上から軽くたたいたりしてかゆみを和らげます。また、乾燥時期は、こまめに保湿クリームで手入れをしてください。
痒みを抑える方法としては、入浴はさけシャワーをまめに浴び肌を清潔にする、下着も木綿のものに変えるなど肌への刺激を少なくします。頭皮も脂が詰まりやすくなり、痒くなることがありますが、刺激の少ないシャンプーを使用してください。

 

 
痒みが出る部位や痒みの強さは個人差があります。痒みが強い場合は、産婦人科、皮膚科でかゆみ止めの軟膏などを処方してもらいましょう。また、皮膚科にかかる時は、妊娠している事を医師に伝えてから指示を仰いでもらいましょう。
 
痒みや湿疹は胎児に影響はありませんので、ストレスを溜めないように気分転換を心がけてください。そんなに心配する事はなく、出産後時間が経てば殆どの場合、自然と痒みもおさまり湿疹も消えて治ります。

  • MIHARA'S Kitchen
  • 診療時間
  • 費用一覧
  • 用語集
  • 数字で見る身原病院

COPYRIGHT © Mihara Hospital All rights reserved.

診療受付時間
【月.水.金】9:00-12:00/6:00-8:00
【火.木.土】9:00-12:00
休診日/日祝日