京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

MIHARA's Kitchen

夏野菜『なす』

夏野菜の代表格、美味しい旬の『なす』をたくさん楽しみましょう!

なすは炒める・焼く・煮る・揚げるなど、様々な調理法で活躍してくれます。

和・洋・中と、どのジャンルでも美味しくいただけるお野菜。

 

 中でもお味噌との相性抜群!

なすとお味噌のコンビは、おかずとしてとても親しまれる味ですよね。

今回は、サッと手早くできる炒め物をご紹介します。

 

 

~ なすと舞茸の甘味噌炒め ~ 4人分

 

なす    34

舞茸    1パック

パプリカ赤 半分

三度豆   5本程度

 

 

油     大さじ1

味噌   大さじ2

砂糖   大さじ11/2

醤油   大さじ1

 

 

① なすはヘタを取って乱切りにする。パプリカも同じ大きさに乱切り。

  三度豆は三等分、舞茸は大きめに割く。

② パプリカと三度豆は固めに湯がいておく。

  (先に湯通ししておくと炒め時間も短く、油の量も少なく炒める事ができます)

③ ●の調味料は混ぜ合わせておく。

④ フライパンに油を熱し、なすの皮目から先に焼く。

  (油を吸い過ぎない為です)

⑤ 舞茸を加えて炒め、ある程度火が入ったら

  ②を加え、③の調味料を回し入れてサッと炒めて仕上げる。

 

なす特有の抗酸化成分「ナスニン」は免疫力の維持や老化防止に役立つ働きがあります。

美肌のためにも欠かせないとても良い栄養素といわれてます。

この季節は紫外線の影響で肌へのダメージが大きいため意識して摂りたいですね。

この成分は油で調理するとより効率よく摂ることができるそうですよ!

 

当院では色んな【なす料理】をお出ししています。

旬のお野菜、たくさん召し上がって下さい。