京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

MIHARA's Kitchen

離乳食開始のサイン

赤ちゃんが生まれてきてくれて、もうすぐ5カ月。

そろそろ離乳食を始めないと・・・

と考えておられるお父さん、お母さん。

 

赤ちゃん自身に離乳食を始める準備ができているか、今日は一緒に確認しましょう。

 

<離乳食を始めるサイン>

  • ① 首がしっかりすわっている
  • ② 支えてあげるとお座りができる
  • ③ よだれが増えてきた
  • ④ 周りで食べている人の口元を見つめる、見つめながら赤ちゃん自身も口を動かす、など食べ物に興味を示す
  • ⑤ スプーンの先を口に入れても押し返さない
  • ⑥ 授乳や生活のリズムが整ってきた
  •  

    あなたの赤ちゃんは、いくつ当てはまりましたか?

     

    スプーンを舌で押し返す場合は、無理に口に入れようとしないでください。

    スプーンが苦手になってしまうと、離乳食を食べさせるのが難しくなってしまう場合があります。

    まずは、スプーンに慣れてもらえるように、唇にやさしく当てるなどを繰り返してみてください。

     

    赤ちゃんのまわりでごはんを食べている人たちは、赤ちゃんに「(食べ物を見せながら)〇〇だよ」「おいしいよ」と、笑顔で話しかけてあげるようにしてみてください。

    まわりで楽しく食べている姿を見せてあげることで赤ちゃんも食べ物に興味を持ってくれるようになりますよ。

     

    離乳食が思うように進まないと、お父さんやお母さんは不安になってしまうかもしれませんが、あせらなくて大丈夫。

    赤ちゃんの成長は個人差が大きいので、赤ちゃん自身にしっかり準備ができてから、楽しみながら進めましょう。

  • 不安な時は、当院でも離乳食相談を行っていますので、お気軽にご相談ください(^-^)