京都の産婦人科(無痛分娩)・不妊治療は身原病院

当院について

医療安全

医療安全に対する考え方

身原病院では、「安心して最適な医療を受けて頂く」ために医療安全に向けた各種委員会を毎月開催し、各スタッフがより安全な医療提供をできるように心がけております。万が一のことが起きた際には、各スタッフが適宜対応できるように院内共有、教育も強化して行きます。患者様の安全を最優先し、患者様が安心して頂ける運営体制を構築します。

医療安全に対する管理体制

医療安全委員会及び感染対策委員会は、院長、医師、助産師、看護師、薬剤師、培養士、管理栄養士、事務が参加し、その月に起こった事象について報告、共有、今後の対策などを話し合っております。またこの会議の場だけでの共有ではなく、各部門でも事象については周知徹底することで、再発防止、リスクマネジメントをしています。

主な活動内容

医療安全委員会(毎月開催)

  • 医療を安全に提供するために、知識・技術の向上を徹底することで安心・安全な医療提供を目指します。
  • 毎月起こったインシデント、アクシデントを共有し、再発防止、発生時の対応方法を随時整理しています。
  • 安全基準のマニュアルを随時見直しし、適宜マニュアルの更新を行い、周知徹底をしています。

感染対策委員会(毎月開催)

  • 感染を事前に予防すること・感染が発生した場合に早期に鎮圧することを基本とし、予防・抑制の観点でマニュアル整備をし、知識向上、教育を行っております。
  • 院内ラウンドを定期的に行い、感染防止対策の状況確認、評価を行っております。