1.  > 
  2. 用語集  / 
  3. 会陰切開(えいんせっかい)

用語集

会陰切開(えいんせっかい)

会陰とは、膣口と肛門の間で、個人差がありますが長さ3cm程の部分です。会陰切開の始まりは、1742年アイルランドの外科医フィールディング・オールドが難産の患者に行ったのが最初と言われています。分娩第2期の膣口が全開大でいよいよ赤ちゃんが産道をおりてくる時に会陰の伸びが悪くて硬かったりしますと、皮膚が裂けてしまうことがあります。特に初産の妊婦さんに多く見られます。皮膚が裂け尿道口や肛門、直腸までに達してしまうこともある自然裂傷は傷が治りにくくなります。


赤ちゃんを出やすくするために分娩台で会陰部を産婦人科医がはさみで2~3cm切り広げる処置を会陰切開と言います。また、分娩の進行がなかなかできず一刻も早く赤ちゃんを出してあげる必要があると産婦人科医師が判断した時に、鉗子分娩吸引分娩など腟内に器具を入れる医療行為を行います。その際に産道を広げる会陰切開を行います。

会陰切開は、局部麻酔を注射して行いますが、麻酔をしなくても分娩時の痛みが強いため、切開の痛みを感じない人もいます。

切開方法には、正中切開、正中側切開、側切開の3種があります。
分娩終了後に頸管裂傷の有無確認して、必要であれば頸管裂傷部の処置を行ってから吸収糸で縫合します。

  • MIHARA'S Kitchen
  • 診療時間
  • 費用一覧
  • 用語集
  • 数字で見る身原病院

COPYRIGHT © Mihara Hospital All rights reserved.

診療受付時間
【月.水.金】9:00-12:00/6:00-8:00
【火.木.土】9:00-12:00
休診日/日祝日