1.  > 
  2. 用語集  / 
  3. 常位胎盤早期剥離

用語集

常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離とは、妊娠中に何らかの原因により、胎児がお腹の中にいるのに胎盤が子宮壁から部分的または完全に剥がれてしまう病気です。胎盤は子宮内で胎児を育てるために作られる重要な臓器で、臍帯(へその緒)を通して胎児へ酸素や栄養を供給しています。その胎盤が剥離してしまうと胎児への酸素の供給が妨げられるため生死にかかわる重大な事態となります。

 

胎盤が剥がれると子宮の壁から出血し胎盤後血腫という血の塊が形成されます。
子宮内胎児は死亡に至こともあり、母体も血液の状態が変化してDIC(血液が固まりにくくなる状態)となり子宮内の出血が増加し、ショック症状や肝臓・腎臓などの臓器に障害を起すこともあり生死の危険にされされます。

母子の命に関る重大な病気ですが、病気の発症を予防も予測することも原因もよくわかっていません。
発症リスク因子として、昔は妊娠高血圧症候群(旧妊娠中毒症)に起こると思われていましたが、最近は絨毛膜羊膜炎が注目されています。

常位胎盤早期剥離と診断されると、胎児の生死にかかわらず帝王切開手術が行なわれます。

自覚症状としては、胎動が弱くなったり、激烈な下腹部痛、出血、お腹のはりが板のように硬くなるなどの症状が多くみられます。このような症状が見られたときは、産婦人科での診察を受ける事が大切です。

  • MIHARA'S Kitchen
  • 診療時間
  • 費用一覧
  • 用語集
  • 数字で見る身原病院

COPYRIGHT © Mihara Hospital All rights reserved.

診療受付時間
【月.水.金】9:00-12:00/6:00-8:00
【火.木.土】9:00-12:00
休診日/日祝日