1.  > 
  2. 用語集  / 
  3. 座位分娩

用語集

座位分娩

お産の方法として、通常の体位は、ベットタイプの分娩台に仰向けに寝た状態での分娩が多くみられます。
最近のお産方法の一つとして、上体を起して椅子に座った体位の座位分娩台が産婦人科病院に取り入れられてきました。
座位分娩台は、背もたれのついた椅子で、背もたれの角度は好みによって調節できるようになっています。上体が起きるので力みやすい姿勢をとることができ胎児が下がりやすくなります。

 

▼座位分娩のメリット
・大動脈の圧迫がなく、子宮や骨盤へ血流の減少がなく胎児の酸素不足になる心配がない。
・産まれた瞬間を見ることができる。
・重力の利用するので余計な力が入らず自然な姿勢での分娩方法で、母体や胎児への圧迫も少ない。

▼座位分娩のデメリット
・介助する産婦人科医師や助産婦が胎児をとりあげにくい。
・出産の際の重力により進行が早くなり、分娩子宮頚管裂傷や会陰裂傷がおこりやすい。

座位分娩はすべての産婦人科病院に取り入れられているわけではありません。
座位分娩で出産をお考えの方は、事前に産婦人科病院に問い合わせてみましょう。
出産にも色々な方法がありますので、産婦人科の先生と相談して安心して出産に望まれる事を勧めます。

  • MIHARA'S Kitchen
  • 診療時間
  • 費用一覧
  • 用語集
  • 数字で見る身原病院

COPYRIGHT © Mihara Hospital All rights reserved.

診療受付時間
【月.水.金】9:00-12:00/6:00-8:00
【火.木.土】9:00-12:00
休診日/日祝日