1.  >  不妊治療  / 
  2. 体外受精のスケジュール

不妊治療

体外受精のスケジュール

体外受精のスケジュール

体外受精の誘発方法はいろいろありますが、年齢、ホルモン検査、超音波検査、希望などにより一番適した誘発方法(一番妊娠率が高いと思わる方法)を選択します。
ここではよく使われる3種類の誘発方法を例にあげます。(これ以外にもアンタゴニスト法、自然周期法などがあります。)

GnRhアゴニスト ショート法の場合

34歳~40歳の方に多いパターンです。

GnRhアゴニスト ショート法:IVF

  • 1.月経

    排卵のコントロールをするために採卵周期の月経1日目よりGnRHアゴニスト製剤(点鼻薬)を始めます。

  • 2.卵巣刺激

    月経3日目より卵胞を育てるためのHMGやFSHの注射をしていきます。

  • 3.採卵

    採卵の35時間前にhCGの注射をします。採卵は麻酔をして経膣超音波ガイド下で行います。

  • 4.精子調整

    当日採取した精子を調整、選別し良好運動精子を回収します。

  • 5.媒精・培養

    卵子と精子を一緒にしてあげます。これを媒精といいます。
    その後2~5日間培養します。

  • 6.胚移植

    2~5日間培養した胚(受精卵)を子宮へ戻します。

  • 7.黄体補充

    着床しやすい内膜環境を整えるために黄体ホルモンを補充します。
    黄体ホルモンの補充は妊娠判定まで行います。妊娠した場合はさらに、10週頃まで行います。

  • 8.妊娠判定

    胚移植後14日目に妊娠判定をします。

アンタゴニスト法の場合

20代~33歳の方に多いパターンです。

アンタゴニスト法

  • 1.卵巣刺激

    月経3日目より卵胞を育てるためのHMGやFSHの注射をしていきます。

  • 2.排卵抑制

    排卵のコントロールをするために、月経の9日目〜11日目(約2〜3日)からhCG注射までアンタゴニスト(注射)を行います。

  • 3.採卵

    採卵の35時間前にhCGの注射をします。採卵は麻酔をして経膣超音波ガイド下で行います。

  • 4.精子調整

    当日採取した精子を調整、選別し良好運動精子を回収します。

  • 5.媒精・培養

    卵子と精子を一緒にしてあげます。これを媒精といいます。
    その後2~5日間培養します。

  • 6.胚移植

    2~5日間培養した胚(受精卵)を子宮へ戻します。

  • 7.黄体補充

    着床しやすい内膜環境を整えるために黄体ホルモンを補充します。
    黄体ホルモンの補充は妊娠判定まで行います。

  • 8.妊娠判定

    胚移植後14日目に妊娠判定をします。

クロミッド法

41歳以降の方に多いパターンです。

クロミッド法:IVF

  • 1.卵巣刺激

    月経3日目よりクロミッドを内服します。場合により月経7日目頃よりHMGの注射をしていきます。

  • 2.採卵

    採卵の35時間前にhCGの注射をします。採卵は麻酔をして経膣超音波ガイド下で行います。

  • 3.精子調整

    当日採取した精子を調整、選別し良好運動精子を回収します。

  • 4.媒精・培養

    卵子と精子を一緒にしてあげます。これを媒精といいます。
    その後2~5日間培養します。

  • 5.胚移植

    2~5日間培養した胚(受精卵)を子宮へ戻します。

  • 6.黄体補充

    着床しやすい内膜環境を整えるために黄体ホルモンを補充します。
    黄体ホルモンの補充は妊娠判定まで行います。
    妊娠した場合はさらに、妊娠10週頃まで行います。

  • 7.妊娠判定

    胚移植後14日目に妊娠判定をします。

  • MIHARA'S Kitchen
  • 診療時間
  • 費用一覧
  • 用語集
  • 数字で見る身原病院

COPYRIGHT © Mihara Hospital All rights reserved.

診療受付時間
【月.水.金】9:00-12:00/6:00-8:00
【火.木.土】9:00-12:00
休診日/日祝日