1.  >  不妊治療  / 
  2. 体外受精・顕微授精

不妊治療

体外受精・顕微授精

体外受精(IVF)とは?

排卵直前の成熟した卵子を採取し、体外で精子と受精させ、得られた受精卵(胚)を数日培養し子宮内へ戻す治療方法です。
以下の場合、適応となります。

体外受精:IVF

  • 卵管因子
  • 排卵障害
  • 重度の子宮内膜症
  • 男性不妊
  • 免疫性不妊
  • 原因不明不妊
  • その他

2013年の統計ではART(生殖補助医療)での出生児は42,000人を超えています(全出生児数の約4.1%)。

顕微授精(ICSI)とは?

顕微授精:ICSI

顕微鏡下で1匹の精子を直接卵子に挿入して受精させ、得られた受精卵(胚)を数日培養して子宮内へ戻す治療方法です。

  • 重度の男性因子
  • 原因不明の受精障害
  • その他

胚(受精卵)の分割の様子

胚(受精卵)の分割の様子:IVF

胚(受精卵)のグレード分類

当院では初期胚はVeekの分類、胚盤胞はGardnerの分類を用いて胚のグレードの評価をしています。

胚(受精卵)のグレード分類:IVF

胚盤胞のグレード分類

胚盤胞のグレード分類のグレード分類:IVF

胚凍結について

胚凍結とは?

体外受精:IVF

複数個の受精卵が得られた場合でも、1回の移植で子宮に戻すことのできる胚(受精卵)は1個または2個です。
そこで、余った胚(受精卵)を凍結保存することにより、今回妊娠に至らなかった場合でも次回は採卵をせずに凍結した胚(受精卵)を使って治療することができます。
また、卵巣過剰刺激症候群を回避するために、一旦すべての胚(受精卵)を凍結することもあります。

凍結胚・精子を保管中の方へ


孵化補助療法(AHA:アシステッドハッチング)

胚盤胞まで発育した受精卵が、着床する時に卵の殻である透明帯を破って外に出ることを孵化(ふか)といいます。この孵化がうまくできないと着床できません。
そこで透明帯の一部を、菲薄化もしくは一部開口し、殻から出やすくなるようにしてあげる治療技術をAHAといいます。

当院におけるAHAの適応

  • 透明帯が厚い場合
  • 凍結融解移植を行う場合
  • 高年齢の方
  • 反復不成功例

  • MIHARA'S Kitchen
  • 診療時間
  • 費用一覧
  • 用語集
  • 数字で見る身原病院

COPYRIGHT © Mihara Hospital All rights reserved.

診療受付時間
【月.水.金】9:00-12:00/6:00-8:00
【火.木.土】9:00-12:00
休診日/日祝日